ためらぼ

体を温める食べ物と方法のおすすめ!ダイエットに効果的ってホント?

time 2015/08/03

体を温める食べ物と方法のおすすめ!ダイエットに効果的ってホント?

現代の生活は、とても快適になりました。室内にいれば、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。そのせいか、自分の力で体温を調節する機能が衰えて、冷えを感じる人が増えました。

そこで、ちょっとした工夫で体を温めることができる情報をまとめました。

スポンサードリンク

体を温める食べ物とは?

基本的な考え方が2つあります。

ひとつめは、体温よりも冷たい食べ物や飲み物を取らないことです。ですから、おすすめするのは、体温よりも温かい食事をしましょう。

野菜が体に良いと聞いて、サラダを好んで食べる女性は多いと思います。しかし、外食でサラダを出す店は作り置きしているため、注文されるまで冷蔵庫で冷やしているケースが多いです。

冷えたサラダは美味しいですが、食べると体から熱を奪います。サラダは常温になるまで待つか、できるだけ温野菜として食べてください。

また、室内が快適な温度ですから、夏だけでなく冬でもアイスや冷えたスイーツを食べるようになりました。冬でもアイスのCMをやっているので、食べたくなりますからね。

でも、体が冷えやすい人は、食べないほうが良いです。体温よりも温かいものを食べて、体から熱を奪われないようにします。

ふたつめは、旬のものを食べることです。しかし、便利な世の中になったことで、難しくなっています。

と言うのも、ビニールハウスなど農業技術が高くなったことで、本来の季節以外でも一年中、野菜や果物が取れるようになってきました。だから、夏野菜のキュウリやナスが冬でもスーパーに売っています。

さらに言えば、日本で取れた食べ物がおすすめです。南国のフルーツは体を冷やすと聞いたことがあると思います。

だから、同じ柑橘類(かんきつるい)のオレンジとみかんでも、日本人の体を温めるという目的なら、みかんです。逆に暑い場所に住んでいる南国の人にとっては、オレンジが体を冷やしてくれます。

昔の人は旬のものを食べていたので、体を温める食べ物とか意識しなくて良かったわけです。輸入品も多くなかったため、日本で取れた野菜や果物を食べていました。

旬の食材以外では、

  • ニンニク
  • タマネギ
  • ショウガ
  • ネギ
  • 長いも
  • ごぼう
  • かぶ

など、地面の下で育つものは体を温めてくれる働きがあります。

もし、冬に夏野菜を食べる場合は、温めて食べてください。たとえば、トマトはサラダで食べるよりも、トマト鍋にして食べましょう。

体を温める方法のおすすめは?

血流を良くして、体の中から温めることが一番です。暖房であれば、必要以上に室温を上げるよりも、湯たんぽをおすすめします

湯たんぽはエアコンのように空気を乾燥させませんし、自分の冷える場所を直接、温めることができます。また、最近では色んな形や材質の湯たんぽが増えてきました。

肩こりの人なら肩に置けるタイプ、足先が冷える人ならブーツタイプなど、色んな湯たんぽが売られています。体の一部を温めるだけでも、血流が良くなって、全身が温められます。

また、熱中症の時に冷やすと良い場所である、首や脇の下、足の付け根を温めましょう。その部分は、太い血管が集中しているので、冷やすのも温めるのも効果的です。

他には、体が冷えやすい人はシャワーではなく、お風呂に入りましょう。だいたい、38~40度くらいのぬるめのお湯に、ゆっくりとです。

女性に人気がある半身浴ではなく、肩までつかる全身浴をおすすめします。半身浴に人気が出たころ、実際にやってみましたが、肩が温まらず、湯をかけないとダメでした。

そこで、いろいろ調べてみると、半身浴は心臓に負担がかからないように開発された入浴方法です。心臓に疾患があるとか高血圧などでなければ、肩まで湯につかった方が体の芯から温まると思います。

さらに、自宅で簡単に温まる方法があります。それは、お風呂のふたを頭が出るまでふさぐ入浴法です。

お風呂の湯も冷めにくくなるし、めちゃめちゃ温まります。半身浴よりも、こちらを試してみて、体の温まり方を実感してもらいたいです。

そして、しっかりと温まったら、足首から下に水をかけてから出ると、ポカポカした状態が続きます。

スポンサードリンク

体を温めるとダイエットに効果的ってホント?

食事にも気をつかって、運動もしているのに、痩せられないと悩んでいる人は、体を冷やす生活をしていないか、疑ってみてください。普段の生活で体を冷やす習慣があると、血行が悪くなって、代謝も下がるからです。

また、体が冷えていると、むくみやすくなります。そういった悪影響があるため、痩せにくい体質になっている可能性が高いです。

しかし、体を温める生活を続けていくことで、血液の流れが良くなり、代謝も上がります。その結果、痩せる準備が整うからダイエットに効果的になるわけです。

ウォーキング・ジョギングなど有酸素運動や筋トレで消費するカロリーは多くないと言う人がいます。ただし、体を動かす目的は、カロリー消費だけではありません。

筋肉を動かすことで、血液の循環を良くすることもできるんです。血行が良くなれば、余分な脂肪や老廃物が排出されやすくなって、痩せる体質に変わっていきます。

いろいろダイエットを頑張っても痩せない人は、体を温める生活に変えてみてください。血行が良くなれば、ダイエットだけでなく、美肌効果も期待できます。

最後に

普段の生活を意識して変えないと体を冷やしている可能性が高いです。体の冷えは色んな不調を引き起こすので、体を温めるようにしましょう。

体を温めることは血行が良くなるし、免疫力も上がります。

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント