ためらぼ

夏の冷え対策ならコレ!食べ物と服装で身体を温めて乗り切ろう!

time 2015/05/30

夏の冷え対策ならコレ!食べ物と服装で身体を温めて乗り切ろう!

暑い夏でも体の冷えで悩んでいる人は多いです。特に女性は、肌の露出が多いファッションや身体の構造上、冷えやすい傾向にあります。

また、エアコンの効きすぎで冷え切った場所も多くなりました。暑がりの人もいるので、冷えやすい人は自分で守るしかありません。

スポンサードリンク

夏の冷え対策!

冷え切った身体をリセットすることが大切です。そのためには、お風呂で体の芯から温まることをおすすめします

熱いお風呂ではなく、40度前後のぬるめの湯で、長く入浴するのがポイントです。じわっと汗が出るくらい、ゆっくり入ります。

できれば、毎日、リセットして欲しいですが、忙しい人は、休みの日だけでも、のんびり湯船に浸かって欲しいものです。入浴は、ストレス解消にもなりますからね。

また、冷え性は病気ではなく、血行が悪いから、冷えを感じるのです。だから、半身浴や足湯で血液の流れをよくすることで、冷え対策になります。

そして、夏の冷えに困っているなら、シャワーだけってのは、絶対に止めましょうね。シャワーは、汗を流すことはできても、体を温めるには不十分です。

夏の冷え対策には適度な運動も効果があります。デスクワークなど普段、動きが少ない生活をしていると、新陳代謝が下がってしまうんです。

できれば、ウォーキングが良いですが、できなければ、簡単な体操でもかまいません。エレベーターやエスカレーターを使わない生活に変えるだけでもエクササイズになります。

また、下腹に力を入れて、正しい姿勢を取るのも効果的です。正しい姿勢を保つときに使われるインナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝が上がります。

夏の冷えは食べ物で改善

夏は、体を温める食材を積極的に食べましょう。

香辛料や調味料には、体を温める効果があります。トウガラシやショウガ、コショウなどを上手に取り入れてください。

暑くなると、お昼は、さっぱりしたものが食べたくなると思います。

「うどんや冷麦を食べますか?」

「それとも、そばを食べますか?」

身体を温めてくれるのは、そばです。どうしても、うどんが良いという人は、たっぷりとショウガを入れた麺つゆで食べましょう。

女性に冷えが多い理由として、甘いものが好きなことがあります。というのも、白砂糖は身体を冷やす効果があるからです。

暑い夏は、ケーキだけでなく、アイスクリームが食べたくなります。冷たくて、砂糖が入っているので、体を冷やしてしまうんです。

まったく甘いものを食べないのもツライので、黒砂糖やハチミツの入ったスイーツにしましょう。白砂糖よりも体を冷やしませんからね。

スポンサードリンク

夏の冷えは服装で防ぐ

一番おすすめするのは、腹巻です。お腹が冷えることで、全身の温度も下がります。

へそ出しファッションは、冷えから言えば、最悪なんですね。今なら、ファッション性の高い腹巻があるので、ぜひ、身につけて冷えから体を守りましょう。

次に重要なポイントは、首と足首です。首はスカーフなど、足首は靴下やレッグウォーマーで温めると、夏の冷え対策になります。UVカットのスカーフなら、紫外線も予防できて、一石二鳥です。

冷たい空気は下にいく性質があります。座って仕事をする人は、ひざかけで下半身を温めることが大切です。

また、スカートの下にレギンスをはくと温まります。もしくは、おもいきって、パンツルックも可能であれば、おすすめです。

オシャレに気を使うと、体が冷えやすくなる。夏は女性にとって悩ましい季節ですよね。

最後に

年々、暑くなってきて、冷やしすぎの場所が増えてきました。だから、夏でも冷えが気になる人は、自分で調節するしかありません。

今回、紹介した方法が、あなたに合うとうれしいです。また、冷えだけでなく、美容やダイエットにも効果があるものがあります。

ただし、冷えの体質を変えるのは時間がかかります。あきらめないで、がんばってくださいね。

こちらも同時に読まれています。
足の冷えの原因と温める方法!寝る前のマッサージでポカポカに!

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント