ためらぼ

紫外線の髪への影響と対策!ダメージをケアする方法は?

time 2015/05/31

紫外線の髪への影響と対策!ダメージをケアする方法は?

いつまでも若々しい肌を保つために紫外線を気にする人が増えてきました。その割りに、髪の毛に関して、注意している人は少ないように感じます。

年を重ねるだけでなく、紫外線によって髪が老化したら、嫌ですよね? 髪の毛を守るために、いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

紫外線の髪への影響は?

髪の毛は、たんぱく質でできています。紫外線を浴びると、たんぱく質が分解されて、髪が痛んでしまうのです。すると、パサパサになったり、ツヤがなくなったりします。

また、強い紫外線によって、髪の毛は乾燥し、キューティクルもはがれやすくなります。その結果、切れ毛や枝毛といった痛んだ状態になりやすいです。

特に、プールや海で濡れた毛髪を、そのままにして紫外線を浴びると、ダメージがひどくなります。サーフィンが好きな友人の髪が痛んでいるのも納得です。たぶん、何もヘアケアしていないんでしょうね。

さらに、髪は紫外線によって日焼けします。キレイな黒髪が焼けた色になってしまうのです。そして、カラーリングやブリーチをしていると、紫外線の影響は大きくなります。

頭は太陽に一番近いわけですから、もっと気をつけないといけませんね。肌は日焼けすると、黒くなったり、ヒリヒリしたりするから、自分で感じることができます。

しかし、髪は紫外線の影響を感じにくいです。肌と同じように対策を取っていきましょう。

紫外線から髪を守る対策

基本の紫外線対策は、UV効果のあるトリートメントを使うことです。トリートメントをすることで、髪を守ります。

さらに、髪にも使える日焼け止めスプレーを使うのも良いです。外出するときは、日傘や帽子で直射日光から髪の毛を守ります。できれば、紫外線の強い時間帯である午前10時から午後2時までは外出を避けたいですね。

また、プールや海で遊んだ後、濡れたままにしておかないことです。海水や塩素も髪には悪い影響があるので、早めにシャワーで洗い流して、タオルでふきましょう。

肌だけでなく、髪もUV対策は必須ですね。ちょっとしたことで、髪の毛を若々しく保つことができるので、気をつけましょう。

スポンサードリンク

紫外線の髪へのダメージをケアするには?

もし、紫外線で髪が痛んでしまったら、手入れをして健康を取り戻します。ケア方法は、シャンプーをして、トリートメントをしましょう。

トリートメント中は、蒸しタオルで包んでおくと、より効果が上がります。

また、頭皮をマッサージするのもおすすめです。頭皮をマッサージすることで、血液の流れが良くなり、髪にも栄養が届き、健康的になります。

あとは、バランスの良い食事が髪の毛を守ってくれます。マッサージして血行が良くなっても、栄養バランスが悪ければ、意味がありませんからね。

最後に

髪の毛も肌同様、紫外線対策をしてください。そうしないと、痛んでしまい、焼けたような色になったり、パサパサになったりするからです。

UV効果のあるトリートメントやスプレーなどを使って、紫外線から髪を守りましょうね。

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント