ためらぼ

短期間ダイエットの方法と効果を高めるコツ!リバウンドしないの?

time 2015/11/18

短期間ダイエットの方法と効果を高めるコツ!リバウンドしないの?

最近、何だか太ったかな・・・スカートがきつい気がする・・・

そんな経験ありますよね?

特に年末年始は忘年会やクリスマス、お正月と食べたり飲んだりするイベントが集中しています。正月太りなんて言葉もあるくらいです。

何とか、短期間で元の体重に戻せないか?

そこで、おすすめのダイエット方法を紹介します。

スポンサードリンク

短期間ダイエットの方法でおすすめは?

今回、紹介する方法は、短期間で体重が増えた方向けです。残念ですが、太っている期間が長い人には向いていません。

そんな魔法のような方法はなく、太るのにかかった期間と同じ期間をかけてダイエットしないと、その体重をキープすることは難しいからです。

しかし、正月太りのような短期間で体重が増えた場合は、短期間に元の体重へ戻すことができます。

健康的に痩せる基本は、運動と食事、両方とも重要です。ただし、今回のように短期間で太ってしまったときは、食事をメインとした方法が向いています。

なぜなら、体重が増えた原因が「飲みすぎ食べすぎ」だからです。

ですから、短期間でダイエットするならプチ断食をオススメします。

プチ断食は、完全に食事を抜く断食とは違います。飲まず食わずの断食は危険を伴うので、医師など指導者の元で行わないとダメな方法です。

一方、プチ断食は、1~3日間という短い期間、行います。やり方も色々あって、1日の1食だけフレッシュジュースや酵素ドリンクを飲むだけとか、週末断食など生活に合わせることができるんです。

人間が食べたものを消化吸収して、排泄するまでにかかる時間は約18時間と言われています。そのため、プチ断食をすることで、胃腸が休まり、代謝が活発になるのです。

すると、余分な脂肪や水分が外に排出されます。その結果、元の体重に戻るんです。

また、日本には、1月7日の朝に食べる七草がゆという習慣があります。これは、1年の無病息災を願ったり、正月の飲食で弱った胃腸を休める食べ物です。

昔の人は、ホント凄いと思います。プチ断食は現代版の七草がゆみたいなものでしょうか。

短期間ダイエットの効果を高めるコツ

健康的に体を引き締めるためには食事と運動が大切です。ただし、プチ断食中は、運動をするよりもリラックスした状態が適しています。

だから、プチ断食をしているときに効果を高めるには、腹式呼吸がおすすめです

腹式呼吸でたくさんの酸素を取り込むことで、代謝が良くなり、脂肪が燃えやすくなります。そして、胃腸を刺激して、働きも良くなるのです。

また、お腹が凹むほど息を吐ききるため、お腹まわりの筋肉が動いて、鍛えられます。さらに、多くの女性が悩んでいる冷えも血流が良くなるので、体がポカポカしてくるんです。

腹式呼吸は、鼻で吸って、口から吐きます。

このとき、お腹が凹むほど息を吐き切れば、自然と大きく吸えるので、吐くことを大切にしてください。そして、ゆっくりと吐くことで、リラックスできます。

はじめは、お腹に軽く手をそえて、息を吸ったり吐いたりすることで、手が動くのを感じながら行うと良いでしょう。仰向けに寝た状態で腹式呼吸をすると、さらによくわかります。


スポンサードリンク

短期間ダイエットはリバウンドしないの?

長年、太っていた人が短期間に無理なダイエットをすると、我慢をしていた反動でリバウンドする可能性は高くなります。しかし、年末年始の生活で体重が増えた人が短期間ダイエットをしても、リバウンドしにくいです。

年齢や運動習慣にもよりますが、正月気分が抜けて、元の生活に戻れば、1週間から1ヶ月ほどで、自然と体重は減ります。ただし、年齢を重ねるとともに代謝が落ちるので、元の生活に戻しただけでは、体重が減りにくくなるんです。

今回、紹介したプチ断食で胃腸を休め、代謝を高めることで、加齢による衰えを助けることで、体重を減らします。

ただし、プチ断食が終わったら、年末年始と同じように飲んだり食べたりすれば、リバウンドしてしまうでしょう。リバウンドを防ぐには、元の生活に戻すことが重要です。

だから、長い時間をかけて太った人は、生活習慣を見直さないと体を引き締めることはできません。ダイエットとは体重を落とすことではなく、生活習慣を変えることです。

優光泉

最後に

無理なく短期間でダイエットできるのは、短期間に太った場合や、体重の3%から5%くらい落とす場合にかぎります。それ以外の人は、長期計画で体重を落としていきましょう。

また、短期間にダイエットできたから、いつでも痩せられると考えて、暴飲暴食しても大丈夫だと思わないでくださいね。

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント