ためらぼ

お尻痩せの方法!ストレッチとエクササイズでヒップアップ!

time 2015/06/24

お尻痩せの方法!ストレッチとエクササイズでヒップアップ!

女性は男性よりも、お尻に脂肪がつきやすいです。お腹の赤ちゃんを守るためや女性らしい丸みのあるラインを作っています。

だから、お尻の脂肪は落としにくいし、減らしすぎるのはよくないです。さらに、垂れたお尻は、年齢以上に老けて見えます。

スポンサードリンク

お尻痩せの方法

部分痩せはできませんから、お尻を痩せたい場合は、全身の脂肪を落とす必要があります。ただし、食事制限だけでダイエットをすると、脂肪も落ちますが、筋肉も落ちてしまうんです。

すると、お尻を痩せることができても、垂れてしまって、後ろ姿が老けて見えます。垂れない以上に、脂肪を落として小尻にすれば、女性らしさは消え、どこかが不調になる可能性が高いです。

だから、女性の場合、脂肪を落とすことよりも先にすることがあります。それが、ヒップアップです。

お尻のトップが下がっていると、必要以上に見た目が大きく見えてしまいます。だから、ヒップアップをしながら、脂肪を落としていくと、丸みを帯びたハリのあるお尻になるのです。

そのためには、お尻周りの筋肉をエクササイズします。筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がりますから、脂肪を減らすこともできます。

お尻痩せはストレッチが重要

お尻に脂肪がつきやすい女性は、

  • デスクワーク
  • 歩くときに膝が曲がっている
  • 車に乗ることが多い
  • 階段ではなく、エスカレーターやエレベーターを使う

などの特徴があります。つまり、下半身を使っていない人です。

使わない筋肉は衰えるから、代謝が落ちて脂肪が付いたり、お尻が垂れてしまいます。だから、衰えた筋肉を目覚めさせるためにストレッチから始めましょう。

筋肉が硬くなっていると、動かせる範囲が狭くなります。ストレッチをすることで可動域を広げてから、筋肉のトレーニングを始めたほうが効果的です。

まずは、椅子に座った状態でストレッチする方法の動画を紹介します。

ひとつめは、お尻と太ももの裏側のストレッチです。太ももの裏側を伸ばすことは少ないので、お尻と一緒にほぐします。

ふたつめは、1分5秒くらいから始まります。これは、お尻の筋肉である大殿筋と中殿筋を中心にストレッチする方法です。長く座った姿勢を続けている人は硬くなりやすいので、効果があります。

次の動画は、股関節をやわらげるとともに、お尻の筋肉にも効くストレッチです。

股関節が硬くなると、可動域が狭くなって、お尻の筋肉もさぼってしまいます。ストレッチすることで、動きが大きくなり、お尻の筋肉も動くようになり、代謝もあがるんです。

体の硬い人にとっては、きついストレッチもあるので、無理しないでください。あなたの出来る範囲で、少しずつ、柔らかくしていきましょう。

スポンサードリンク

お尻痩せに効くエクササイズ

ストレッチで、お尻と股関節、太ももの後ろ側をほぐすことで、動きが大きくなっているはずです。次は、お尻痩せに効果があるエクササイズを取り入れます。

といっても、筋トレではありません。歩くことで簡単に鍛えましょう。お尻が大きい人や垂れた人は、歩幅が狭く、歩く量が少ない傾向があります。

できれば、ウォーキングをした方が良いですが、毎日の生活で歩くようにしましょう。エレベーターやエスカレーターを使わないようにするとか、あなたの生活を変えてみてください。

また、歩幅を広くして、歩くスピードも早くすると効果的に、お尻の筋肉を鍛えることができます

あと、お尻の筋肉を意識することも大切です。Tバックをはいている女性は、お尻が垂れないと言われることがあります。

しかし、Tバックにヒップアップの効果はありません。逆に、お尻の肉を支える布地がないですよね。じゃあ、どうして、そんな風に言われるかというと、支える布地がない分、お尻の筋肉を意識しているから、垂れにくくなります。

Tバックをはかなくても、信号待ちや電車に乗っているときなど、お尻に力を入れるだけです。常に、お尻の筋肉を意識することで、刺激することができます。

このとき、ドローインしながら、キュッと力を入れると効果的です。立っているときなら、どこでも出来るので、意識してみてください。

お尻歩き

もし、これだけで変化を感じない場合は、本格的にエクササイズを取り入れます。やり方は簡単で、お尻歩きをするだけです。

動画のように、お尻を交互に動かして歩きます。たったこれだけですが、お尻だけでなく、ウエストや背中の贅肉を落とすこともできるんです。

また、骨盤が矯正できたり、血行が良くなります。その結果、冷え性や肩こりなどが解消されることもあります。お尻歩きは、女性にとって、素晴らしいエクササイズです。

太ももが気になる場合は、こちらも効果があります。
お尻と太ももの引き締めと境目に効くエクササイズと歩き方!

最後に

お尻を痩せるには、脂肪を落とすよりも先にヒップアップを狙った方が効果が早いです。それに、30代、40代になってから、ダイエットで脂肪を減らすと、筋肉が衰えているから、お尻は垂れます。

また、ヒップアップするよう筋肉を鍛えると、基礎代謝が上がり、ダイエットにも効果的です。そして、お尻のトップが上がると、脚長に見えますよ。

こちらの記事が一緒に読まれています。
お尻の黒ずみの原因と対策とは?肌のケアですべすべ美尻に!

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント