ためらぼ

沖縄美ら海水族館のおすすめは?所要時間と混雑を避けるには?

time 2015/07/12

沖縄美ら海水族館のおすすめは?所要時間と混雑を避けるには?

沖縄旅行で外せないスポットのひとつが美ら海水族館です。海の生物が好きな人なら、何度も行きたくなります。

また、ダイビングやシュノーケリングをしなくても、沖縄の魚たちを楽しむことができるため、人気の高い観光スポットです。そこで、美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)を楽しむための情報を紹介します。

スポンサードリンク

沖縄美ら海水族館のおすすめは?

何といっても、巨大生物ジンベエザメが見どころです。飼育されているジンベエザメ(ジンタ)としては、世界最大で全長8.5mもあります。これだけの大きさの生き物を間近で見ることはあまりないですからね。

もちろん、それだけの大きなジンベイザメを飼育しているので、水槽も世界最大級です。「黒潮の海」の水槽は、何と、横幅35m、深さ10mもあります。

午後3時と午後5時の1日2回、ジンベエザメに餌を与えるプログラムが用意されています。垂直になって、餌を丸のみするシーンは必見です。

そして、その巨大水槽「黒潮の海」には、ダイバーにも人気があるマンタが泳いでいます。ジンベエザメとマンタが泳いでいる姿は迫力満点です。

沖縄美ら海水族館には、他にもキレイな熱帯魚が泳いでいる水槽(熱帯魚の海・サンゴの海など)があります。カクレクマノミがイソギンチャク近くで遊んでいる姿を見ると心が癒されるでしょう。

また、「イノーの生き物たち」のコーナーでは、ヒトデやナマコを触ることができます。見るだけでなく、触ることができるので、子どもに人気です。

沖縄美ら海水族館の所要時間は?

ジンベエザメのエサやりだけでなく、他にも色んなプログラムがあります。だから、見るプログラムにもよりますが、だいたい1時間~2時間くらいです。

ただ、美ら海水族館がある海洋博公園には、他にも楽しめる野外施設があります。ウミガメ館やマナティー館などがあって、こちらは無料です。

そして、屋外にはイルカショーもあります。ミナミバンドウイルカのオキちゃん劇場は、大人気のショーです。

さらに、イルカラグーンでは、間近で見ることができます。エサをあげることができるプログラムもあるので、イルカ好きにはたまらないですよ。

これらの屋外施設を見学すると、水族館と合計で2~3時間はかかると思います。ちなみに、当日であれば、水族館へは何度でも再入館できるから大丈夫です。

また、美ら海水族館の中だけでなく、海洋博公園内にも飲食店があります。だから、半日くらい遊ぶことも可能です。

だから、何を見たいのかを行く前に家族でチェックすることをおすすめします。それぞれのプログラムの時間を考えて、回るコースを決めると良いです。

スポンサードリンク

沖縄美ら海水族館の混雑を避けるには?

混む時間帯は、だいたい11時から16時くらいの間です。また、見どころであるジンベエザメのエサやり時間でもある17時前後も混みます。

だから、狙い目は開館時間の8時30分から遊びに行くことです。そして、混み始める10時までに、水族館を見て回りましょう。

また、人気スポットのカフェ・オーシャンブルーも座れる可能性があります。オーシャンブルーは巨大水槽の横にあるので、間近で魚が泳いでいるのが見られるんです。

特に水槽近くのテーブルが空いていれば、飲みながらジンベエザメの姿を楽しめます。カフェから、のんびり眺めるなんて、最高ですよ。

朝イチで、沖縄美ら海水族館に行く場合、問題は、ジンベエザメのエサやりシーンが午後からしかないことです。再入館システムを利用して、周辺の観光スポットを回った後、もう1度、行くプランは、どうでしょうか?

それが面倒であれば、比較的、空いているのが夕方です。ただし、10月から2月は最終入館時間が17時30分ですから、注意してくださいね。

あとは、夏休みやゴールデンウィークなど繁忙期以外なら、土日ではなく、平日に行った方が混雑していません。スケジュールが合えば、平日を絡めて沖縄旅行を楽しんでください。

混雑時にジンベイザメを見るコツ

ジンベイザメのいる黒潮の海はアクアルームやシャークスタンドから観覧できます。もしくは、美ら海水族館の4階に上がって、巨大水槽の上から見ることもできます。

混雑する時間帯は、人気がある場所なので、人がいっぱいです。そんな時に穴場スポットがあります。

その場所は、美ら海シアターです。ここでは、沖縄の海に住んでいる魚たちを映像で紹介しています。

約20分間の上映時間なのですが、それ以外の時間帯は巨大水槽を観覧することができるのです。もちろん、映像ではなく、間近で水槽内が見られます。

そして、現在のところ、ジンベエザメのエサやりシーンが見られる午後5時は上映予定がありません。つまり、美ら海シアターから見えるチャンスです。

土日祝日は、午後4時30分から「沖縄サンゴ礁の海」が上映されています。上映終了後、そのまま、座っていれば、目の前でジンベイザメを見学できますね。

沖縄美ら海水族館の詳細を見る(たびノート)

最後に

ぜひ、美ら海水族館で沖縄の海の生物を満喫してください。人気のスポットが多いので、行く前に計画を立てた方が良いです。

万が一、雨が降った場合でも屋内施設なので、楽しめますよ。また、一年を通してベストシーズンなのもうれしいですね。

こちらも一緒に回りたい絶景の場所です。
沖縄古宇利島の観光スポットとアクセス!カフェのおすすめ3選!

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント